LEGAL CORPORATION リーガル不動産

縮小 標準 拡大

Investor RelationsIR情報

IRポリシー

1.基本方針

当社は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。公開した情報は、原則として当社IRサイト上に速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、資料配布又は当社IRサイトに公開することにより正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

3.業績予想及び将来の見通しに関して

当社が発表する業績予想など将来の見通しに関するものは、発表時点での予想であり、その後、前提を変更する場合や経営環境の変化により予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。アナリストレポートや情報誌などの第三者による業績予想については、予想された方々のお考えによるものであるため、当社が関知するものではなく、一切、言及いたしません。

4.IR自粛期間

当社では、情報開示の公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から当該決算発表予定日までを、「自粛期間」とさせていただきます。この期間は、株主・投資家・アナリストなどの皆様からの決算・業績見通しに関する問い合わせなどの対応は控えさせていただきますので、あらかじめご了承ください。ただし、開示すべき重要事項が発生した場合には、適時開示規則に従い公表いたします。なお、すでに公開している情報などに関するご質問につきましては、自粛期間であっても対応いたします。

5.会社情報に関する社内体制について

当社では、IR情報に関する株主・投資家・アナリストなどの皆様からのお問い合わせは、IR担当部門において一元的に対応いたします。また、インサイダー情報の管理につきましては「内部者取引管理規程」を定め、内部情報の取扱いおよび株式などの売買に関する手続きを規定するとともに社内に周知徹底することで、インサイダー取引の未然の防止に努めております。